2018年3月14日水曜日

低すぎるガード下

高輪橋架道橋。

 山手線の田町と品川の間にあるガード下です。山手線や京浜東北線の線路をくぐるように伸びる長さ約230メートルのいわゆるガード下です。

車両通行の高さ制限が、なんと1.5メートルと書いてあります。「車はもちろん人間も頭をぶつけてしまう!」そう思うもワクワクしながら通ってみた。

 品川口から入ると、しばらくは鉄橋で、所々、空いていて空が見えます。170センチの自分でも普通に歩けます。


港南口に近づくと、コンクリート製の橋になります。ここからは、頭を下げないと歩けません。おそらく1.6メートルくらいでしょうか?

 どうやら普通の生活道路のようで、タクシーの運転手は、さほどスピードを落とすことなくスイスイ。徒歩の人も軽く頭を下げて普通に歩いていました。

 お子さん二人を乗せたお母さんが運転する自転車が、猛スピードで駆け抜けて行った姿には驚きました。
 みなさん、どこが一番低いか熟知しているようです。
さらに、頭の上を電車が通過すると、轟音(ごうおん)が鳴り響き、地震と間違うほどの振動が起こるそうですが、今回は奇跡的に電車が通りませんでした。

 タクシーの「提灯(ちょうちん)殺し」との異名も付けられているこのガード。車で通る機会があったら十分に気を付けてください!

 以前、掲載した新駅の開発に伴いこの辺りも整備されるので、近い将来、なくなってしまうかもしれないようです。