2017年12月20日水曜日

アサヒビールのオブジェ

浅草から見える隅田川沿いのアサヒビールのオブジェ。正式名称は「フラムドール」(フランス語で「金の炎」)。創業100周年を記念し、1989年にフランスのデザイナー、フィリップ・スタルクさんがデザインしました。大きさは44m(全長)×14m(全高)メートル、重さは約360トン。


実は、1か月ほどの間、塗り替え作業をしていて12月の中頃に完了したようです。
 通常のメンテナンスは、年に2回ほど、ロッククライマーによる清掃がおこなわれていました。

 2005年に1回目の塗り替えられていますが、セルフクリーニング機能のある塗料を塗ったことにより、ロッククライマーの出番はなくなったそうです。
 今回で2回目の塗り替えですが、セルフクリーニング機能がさらに強化された塗料を使っているそうです。

 浅草を訪れた多くの人が、鮮やかに光り輝くオブジェとスカイツリーをカメラにおさめていました。