2017年9月20日水曜日

日本近代建築の三大巨匠

以前、世界的近代建築の三大巨匠は、

ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトで、ヴァルター・グロピウスを含めると「近代建築の四大巨匠」という記事を書きました。

それでは、日本近代建築の三大巨匠は?

調べましたが、日本には明確な「三台巨匠」はいないようです。

丹下健三と黒川紀章が有名ですね。

その他に、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞した安藤忠雄だったり、国立競技場の設計者の隈 研吾 だったり。まだまだ他に日本以外に世界で活躍されている建築家は大勢います。

三台巨匠ではありませんが、こちらの「日本の近代建築設計者の系譜」も興味深いです。