2017年6月1日木曜日

最近の新国立競技場

 新国立競技場。

ニュースでは、オリンピックにかかる費用をどこがどれくらい持つかが話題になっています。


たまたま、近くを通りかかったので、何とか中の様子を写真に収めたい。

いつものように、ホープ軒の2階へgo!
この日はお腹がいっぱいで苦しかったんですが、何とか良い写真がとれました。
工事予定表は、電光掲示板?です。

躯体工事
掘削残土排出
山留
土工事
地盤改良工事
仮説給排水、電気設備工事です。

確かに、外回りのアーチ状の山留らしきものが見えます。

1988年3月竣工の東京ドームの工事中や1989年竣工の幕張メッセの工事中は、関東にあるすべての重機と職人が東京ドームや幕張メッセに集結して間に合わせたと聞いています。

まだ、実感はありませんが、2020年のオリンピック・パラリンピックに向けても大忙しになり、職人不足や資材・手間の高騰があるかもしれませんね。

ところで、「どうなった?聖火台!」と言うことで、ネットで検索しましたが、2016年8月ころの最初に問題になったニュースばかりが出てきて、最近の記事はありません。
本当に、どうなっているんでしょうかね。