2014年10月7日火曜日

リカバリーモード

9月24日。
 iPhone 4sからiPhone 6へ機種変更。自宅へ戻り設定方法をパソコンで見ながら、難しい設定もなんとかクリア。以前と変わらない状態で使うことができ一安心。
10月5日。
 
 iPhoneに音楽を入れようと1日かけて準備。さて、iPhoneとiTunesを接続して同期開始。これでようやく夕飯の鍋をつつきながら、大好きな「モヤモヤさまぁ〜ず2」をゆっくり見れるぞ!
でもやはり心配で1分で確認すると、見たことのない嫌な感じの表示が現れた。
これ!!!


iPhoneのリカバリーモードの写真です


 ホームページで調べやってみるがよくわからない。イライラ!!!
家族は「モヤモヤさまぁ〜ず2」を見て大笑い。余計にイライラ。
「もっと静かに笑え!」と言ってはみたものの、静かに笑うその声にもやはりイライラ。
夜遅くまで奮闘したが解決できず。


 「明日ソフトバンクショップに行こう。アップルストアに行かなきゃダメかな?とりあえず電話だよな。」と思いながらあきらめて寝る。




10月6日。
 ソフトバンクショップに電話。
「うちでは対応してません」の一点張り。想定内だったので必死にがまん。
「じゃあ、わたしはどうすればいいの?」
「アップルサポートに電話してください」それを早く言え!!!


 アップルサポートに電話。
比較的すぐに電話もつながりびっくり。懇切丁寧に説明してくれた。


 家のパソコンで、言われた通りやってみるとなんとか元通りに!長く苦しい24時間だった。




教訓1
 アップルIDとパスワードは正確に保存しておくこと。
 これを忘れてしまうと次へは進めません。


教訓2
 バックアップは定期的に取ること。
 バックアップを取っていないと、メールの設定やアドレス帳・写真などなど完全に初期化されてしまう。バックアップを取っていると復元できるので大丈夫。


教訓3
 アップルサポートに電話で問い合わせすることができる。
 知りませんでした。銀座のアップルストアーに行かないとダメかと思っていた。


教訓4
 少しのITスキルと自宅にパソコンがないと、トラブル時には時間と労力が必要で、気が狂いそうになる。
うちの妻や子供では解決は無理!便利だけど難しい世の中にってしまった。




以前、IT関係の仕事をしている友達に、
 「どうやってITの勉強したらいいかな?」
 「パソコンのことはパソコンに聞け。お前と同じことで悩んだ人は何億人もいる。その答えはインターネット上にある!」


まさに名言・格言である。