2014年9月8日月曜日

自然災害に関する意識調査

 関東在住で20~59歳のビジネスマン2000人を対象にした「自然災害に関する意識調査」の結果です。


Q1 最近1年間で不安を感じた自然災害は?   
    ①「地震」             76.5%
    ②「ゲリラ豪雨・集中豪雨」 58.7%
    ③「落雷」            41.9%
    ④「台風」            39.5%
    ⑤「猛暑」            37.0%

 Q2 将来身近に起こることが不安な自然災害は?
    ①「地震」            89.2%


 Q3 首都直下地震が起こった場合、身近な被害として不安なことは?
    ①「建物の倒壊」                 82.8%
    ②「ライフライン(電気・ガス・水道)の停止」 78.8%
    ③「交通機関の混乱」              65.4%


Q4 住宅選びの際に防災面では何を意識するか?
    ①「耐震性に優れた住宅を選ぶ」   77.5%
    ②「耐火性に優れた住宅を選ぶ」   70.9%
    ③「地盤の固い地域に住む」      61.0%


 大きな地震があるたびにその怖さをあらためて感じるわけですが、のど元過ぎれば熱さを忘れてしまうのも事実でした。しかし、近年テレビや新聞で大きく取り上げられているように、異常気象による自然災害は、身近に起こりうることなので不安になります。


 建築に携わる人間としては、やはり地震対策が重要だと思います。大きな地震がきても倒壊することなく身の安全を保て、雨露をしのげる家があるだけで安心です。
 アンケート結果でもわかるとおり、今後は省エネとともに耐震がキーワードになることでしょう。